Category Archives: 安全 ウォーター

軟水と硬水

よく「軟水」や「硬水」などと言いますが、その違いとはなんなのでしょう。
あなたはご存じですか。
これは、ウォーターの硬度を表しています。
つまり、水にも硬さがあるということなのですね。
そうは言いましても、ウォーターの硬さなどなかなかピンとはきませんが、我が国のみずは、水道水も地下水もほとんどが軟水であるため、硬水を飲みますと、非常に飲みにくく感じるものです。
「軟水」は、高度100までのウォーターのことをいいます。
硬度が100から300までを「中硬水」といいます。
そして硬度300以上を「硬水」といっています。
何故、同じ水であるのに、このような違いが生じるのかと申しますと、ウォーターの中にカルシウムやマグネシウムなどがたくさん溶け込んでいると硬水ということになり、あまり溶け込んでいなければ軟水ということになります。
硬度が高いか低いかによって、その水の安全性には何の問題もありません。
日本人はよくカルシウムが足りていないなどと言われますが、このように普段、飲料にしているウォーターにカルシウム分が少ないことも、その原因のひとつとなっているのでしょう。
しかしながら、ミネラル分が多いほど栄養分が多いとはいえ、飲みにくいのも事実です。
日本人は硬水に慣れていませんから、とくにそうでしょう。
硬水とはどのようなものか飲んでみたいかたは、海外から輸入したミネラルウォーターを飲んでみてください。
ボトルに硬度が書いてあるものがほとんどです。
海外のミネラルウォーターの多くは硬水です。
日本ほど厳しいチェックをしていない水も多いそうですが、販売されているものに関しましては清潔さと安全さには問題ないでしょう。

水の汚染

世界のウォーターは、どんどん汚染されています。
飲料水になる水というのは、全世界のウォーターのなかのほんの一部だけだということをご存じでしたか。
そして、その一部の大切な命の源ともなる水が、今この瞬間にも、どんどん汚染されているのです。
我が国の水道設備では、まだ飲料水は非常に清潔で安全ではありますが、国によりましては、汚染されたウォーターを知らずに飲んでいるところもあるようです。
そのような地域におきましては、みずを汚染している物質の種類によって、人体にさまざまな影響が出てきます。
また、生まれてくる子供たちにも、さまざまな弊害が出ます。
ところで、ウォーターを汚染している物質とは、具体的にはどのようなものだと思いますか。
意外と多いのが、家庭からでる排水なのです。
とくに河川の汚れの70%は、家庭からの排水だと言われています。
中でも非常に問題になるのが「合成洗剤」なのです。
合成洗剤に含まれる界面活性剤が、人体にも自然界にも良くないのです。
また、驚かれるかもしれませんが、医薬品の成分なども水の中には溶け込んでいるのですね。
医薬品は、健康な人間にとってはある意味、非常に危険なものでもありますから、これはウォーターの安全を大いに妨害します。
さらに、除草剤やダイオキシンも汚染物質として挙げなくてはならないものでしょう。
これらの有害物質を直接、河川に流したりなどしてなくても、地面に撒いたり、その辺に捨てたりするだけで雨がそれらを洗い流し、河川や海、その他どこまででも汚してゆきます。
水を汚染しているのは、どこかの知らない工場だけでなく、あなた自身でもあるのです。

浄水器(2)

日本のみずに浄水器は、本当に必要なのでしょうか。
今回は、そのことについて考えてみたいと思います。
我が国の水道水は、世界と比べてみてもトップレベルに近いくらいの水質を誇っています。
しかし、それでも浄水器を使用しているご家庭が多いのは、どうしてなのでしょうか。
また、本当に浄水器を使用しないといけないような水なのでしょうか。
まず、結論から申し上げますと、当然ながら浄水器などなくても日本の水道水を飲料に用いてなんら問題はありません。
安全でありますし、味もひどくまずいというわけではありません。
先進国はどこでもそうですが、日本におきましても「水道法」によって、厳しく水質が規定されているからです。
ただ、殺菌のために少量使用している塩素が、有害であるとの心配はあるようです。
しかしながら塩素を使用しませんと水道水の殺菌が出来ませんので、殺菌できないことの弊害のほうがずっと大きいため、ごく少量、使用しているのですね。
より大きな安心安全のための塩素ということで使用しています。
そして、この塩素の匂いが嫌だというかたは多いです。
ずっと水道水を飲み続けてきたかたにとっては、このカルキ臭という匂いは、ほとんど気になりません。
ですが、普段、ミネラルウォーターや井戸水を使用しているかたが、久しぶりに水道水を飲もうとすると、ひどく気になるものなのですね。
塩素そのものは、現在、販売されている浄水器のほとんどのもので除去することが出来ますから、匂いが気になるかたはこれで大丈夫です。
安全性の部分だけを考えれば、浄水器は必要ないということになります。